• Author:cloudbeehive
  • Comments:0

ダーレーアラビアンとロックンロール

札幌のロックンロールバンドCLOUD BEE HIVEです。

 

さて、近頃はサラブレッド、つまり馬について何故だか興味が湧き、なんだか調べていました。

 

これは、おそらく競馬ファンであれば多くの人が知っていることであろうとは思いますが、現代のサラブレッドの祖先を辿ると、どのサラブレッドも必ず三頭の馬に行き着くそうです。そして、その三頭の馬をサラブレッドの三代始祖と呼ぶそうです。

 

つまりこんな感じ。

例えばディープインパクトだと、

ディープインパクトのお父さんのサンデーサイレンスのお父さんのヘイローのお父さんのヘイルトゥリーズンのお父さんのターントゥのお父さんの…と25代遡ると、その三代始祖の内の一頭のダーレーアラビアンという馬に辿り着くそうです。

 

他、例えばナリタブライアンだと、

ナリタブライアンのお父さんのブライアンズタイムのお父さんのロベルトのお父さんのヘイルトゥリーズンのお父さんのターントゥの…とまた25代遡ると、やっぱりダーレーアラビアンに辿り着くそうです。

 

これを、いろんな馬でやってみると、やっぱり大体はダーレーアラビアンに辿り着きます。

 

ちなみに現代から25代前に生きたダーレーアラビアンは1700年頃に生まれた馬のようです。

 

…というかもう300年もこれやってたんですね。これはロマンというのか。すごいですね。

 

つまりサラブレッドの世界では、ほとんどの馬は血縁にあるわけですね、そしてすでに血統的に飽和状態にあるそうです。

 

このままいくと、もうそのうち交配できる馬がいなくなって、きっと200年後くらいのサラブレッドには、ガゼルとか、インパラとか、速そうなやつは掛け合わしてみようとして、おかしなことになるじゃないかと想像してしまいました。

 

…..

 

さて、ここからロックンロールの話しに移りますが、これはもうにロックンロールも同じなんですよね。

ロックンロールバンドも正直、まあまあどれも似てます。そしてルーツを聞くと、似たようなバンド名が出てきます。追求しようとしてルーツを辿ってしまうと、そりゃますます似てきます。なんせルーツを辿れば、ある意味そこに答えがありますから。

 

血の飽和は免れません。

 

絶対的に新しいロックンロールが必要ですな。今日はなんだかそんな大それた気分になりました。

チャックベリー風フレーズを弾いてるうちは、始まりを超えられないのかもしれませんね。

よし頑張ろう。

 

と、言いつつ、リバイバルも結局カッコいいのだ。

 

 

 

No tags