• Author:cloudbeehive
  • Comments:0

ロックの歴史について①

こんにちは、ガレージロックバンドcloud bee hiveです。
いつも当たり前にスタジオに入って曲を作ってライブしてるわけだけど、
今日はちょっとロックについて振り返ってみたいと思う。
ロックのルーツは、リズム・アンド・ブルースやカントリー・ミュージックから強い影響を受けた1950年代のロックンロール、ロカビリーにある。
ロック音楽はさらに、ブルースやソウル、フォーク、ジャズやクラシック音楽など他の音楽分野の影響も受けている。

ということらしい。
んじゃロックンロールとは?

1950年代半ばに現れたアメリカの大衆音楽スタイルの呼称である。
語源については、古くからアメリカ英語の黒人スラングで「性交」及び「交合」の意味であり、
1950年代はじめには「バカ騒ぎ」や「ダンス」という意味もあった。

らしい。
で、ロックンロールを生み出したのは誰でどんな音楽なんだとなった時、大多数の意見はやっぱ、エルヴィス・プレスリーだよね。
黒人のブルーズ、R&B、白人のロカビリー、フォーク(民族音楽)をごちゃ混ぜに消化したエルヴィス・プレスリーが、
1954年にギターをかき鳴らして腰を揺れ動かしてシャウトした、そこに音楽的起原があると解釈されている。
つまりさ、最初からロックはある音楽とある音楽を混ぜて作られたものだってことかね。
俺たちが最初にミクスチャー(と呼ばれているもの)を聞いておお!って思ったのと、
1954年の人が味わった感覚はそんなに変わらないのかもしれない。
まあ、もうちょっと衝撃的だったとはおもうけど。
だから何が言いたいかというと、ロックっぽいとか邪道とか考えないで好きなように色々変えちゃっていいって事なんだよね。
もともとそうなんだから。とりあえず飽きたからこの辺で。
続きはまた今度書きます。

タグ: , ,